ホームページの自動翻訳について

英語で書かれたホームページや、外国者向けのホームページを作りたいが自分が書いた英語があっているかわからないなどといった英語に関する疑問は、自動翻訳という機能を使って解決できる。自動翻訳とは、そのページに書かれている英語や中国語など、いくつもの言語を日本語に直してくれる機能である。これを使えばどんな内容の記事が書かれているか理解できるし、自分が書いた英語があっているか確認することもできるので、今とても重要にされている。


しかし、自動翻訳だけではうまく日本語が表示されずに、たまに変な日本文になる場合もある。そのときは自分で辞書などを利用して調べるしかない。この事例に関する珍事件も起きている。ある県で外国者向けの観光サイトを作ろうとしていた。観光課の職員達は日本文のページをそのまま自動翻訳したものを外国者向けのサイトとして乗せていた。しかし、それをよく調べてみると、そのまま直訳してしまったため、解読不可能な英文が並び、全く読めないサイトとなってしまった。


自動翻訳の機能はとても便利である。しかし、中には翻訳できない言葉やそのまま翻訳するとおかしくなる場合もあるので、自動翻訳して安心するのではなく、ちゃんと意味が通じるか確認するほうがよい。ホームページを作る方にとっては必須となる自動翻訳の機能だが、これだれに頼らず、自分で調べたりしながら一からサイトを作るのもまた面白い。そうすれば英語の勉強にもなるし、知識が身につくのでなおさらよい。うまく使い分けることが一番正しいのである。